Gジャン洗濯方法!色落ちや縮むへの対策と頻度はどれくらいが理想?

スポンサーリンク

 

今回は、Gジャンの洗濯方法を特集していきます。洗濯悩みの色落ち、縮むことにはどう対策すればいいのでしょうか。洗濯の頻度はどれくらいがいいのかも、とても気になりますよね。それでは、色落ち、縮む、頻度などといった、Gジャンの洗濯方法について、見てまいりましょう。

スポンサーリンク

 

Gジャン洗濯方法!洗う前に洗濯表示を確認!

Gジャン(デニムジャケット)の洗濯といえば、何かと苦労はつきものでしょう。

そこで、さっそく、Gジャンの洗濯方法について見ていきたいと思います。

まず気を付けておきたいことは、洗濯そのものではなく、洗濯前のこと。

洗濯表示を確認することだったのですね。

といいますのも、実は、Gジャンには、自宅で洗えるものと、そうではないものがあったからなのでした。

洗濯表示を見てみて、洗濯おけ、手洗いといったことが表示されている場合には、そのGジャンは、自宅で洗えるということになります。

しかしながら、そうでなかった場合には、自宅で洗うことはできません。

もしも、洗えないにもかかわらず、間違って洗ってしまったら、大変なことです。

くれぐれも、洗濯表示のチェックを怠らないようにしたいものですね。

 

Gジャン洗濯時に使う道具は?洗濯手順も!

みなさんは、Gジャン(デニムジャケット)を洗濯する場合、どのようにされていますか?

実は、デニムジャケットの洗濯では、使う道具で推奨されるものがあったのです。

それは、中性洗剤と洗濯ネットになります。

Gジャン(デニムジャケット)は、あまり刺激が強い洗剤は推奨されませんので、まずは中性洗剤が必要。

そして、洗濯ネットを使って洗濯するといいでしょう。

洗濯の手順は、いたってシンプルなもので、手洗いをしなくても、ふつうに、洗濯機で手洗いコースでやればOKです。

Gジャン(デニムジャケット)といえば、洗濯するうえでだいぶ手ごわいイメージがあるものですから、これはなんとも意外でしたね。

これからは、Gジャン(デニムジャケット)の洗濯であまりやきもきせず、お手軽に対応していただければと思います。

 

Gジャン洗濯方法のポイント!色落ちしない洗剤は?コツは?色移り対策も

Gジャン(デニムジャケット)といえば、大敵といえることに、ずばり、色落ちがありますよね。

色移りも同じことでしょう。

なんとか、色落ち、色移りさせないで洗濯したいものですが、洗剤やコツはどうすればいいのでしょうか。

まず、洗剤ですが、色落ち、色移りさせないためには、なんといっても、低刺激の洗剤を使うべきでしょう。

実は、デニムジャケットにはそこまで強い汚れは着きませんから、もともと刺激の強い洗剤を使う必要はありません。

刺激の強い洗剤を使えば、かえって荒れてしまうだけなのです。

コツは、ほかの洗濯物と混ぜないようにして、できるだけそれのみで洗うことです。

これだけで、デニムジャケットの色落ち、色移りは、だいぶ防ぐことができるでしょう。

スポンサーリンク

 

Gジャン洗濯方法のその他のコツ!

ここまで見てきた限りでは、実はそこまでむずかしくはなさそうだった、Gジャン(デニムジャケット)の洗濯。

それでは、Gジャンを洗濯するさい、ほかにもコツのようなものはあったのでしょうか?

これには裏返して洗ったほうがいいということがありました。

洗濯ネットに入れて洗うさいに、裏返してから入れるのがコツなのですね。

こうやっておくことによって、落ちにくい汚れも落ちやすくすることができるのです。

さらに、先ほども触れたことですが、デニムジャケットの色落ちを予防するということにもつながるのです。

デニムジャケットを裏返しておくだけで、これだけのメリットがあったとは、何とも意外なことではないでしょうか?

いままでやってみたことがないという方は、ぜひ、実践してみることをおすすめしておきたいと思います。

 

Gジャンを手洗いで洗濯する場合のコツ

それでは、洗濯機を使わないで、手洗いによってGジャン(デニムジャケット)を洗う場合には、どういったコツがあるのか、チェックしていきましょう。

まずは、手洗いするために必要になってくる水を汲んで、張ってみましょう。

それから、その水のなかへと、低刺激の洗剤を入れていきます。

準備が整ったら、いざ、デニムジャケットを裏返して、さっそく、中へ入れてみましょう。

あとは、手で押しながらデニムジャケットを洗っていくという形になります。

ここまでやってみたら、すすぎを行って、最後は洗濯機を使うことによって脱水となります。

ということで、デニムジャケットを洗濯する場合には、たとえ手洗いであっても、結局、洗濯機が必要になるということですね。

 

Gジャンを洗濯で縮ませない方法!

洗濯ものを洗うさい、気がかりなことの1つとして、縮んでしまうということがありますよね?

それでは、Gジャン(デニムジャケット)が縮むことのないようにするためのコツを確認していきたいと思います。

これらは、柔軟剤や洗濯ネットを使ったり、脱水時間を短くすることによって、防ぐことが可能です。

ただし、干すときにはデニムジャケットは縮みやすくなるものですから、要注意。

くれぐれも、乾燥機によって干そうとしないことが大切ですよ。

また、どうしてもデニムジャケットを縮ませたくないのであれば、最初から縮まないように加工された商品を買っておくというのも、1つの方法ではないかと思いますね。

結局のところ、これがもっとも確実なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

Gジャン洗濯時、脱水後は形を整えて陰干しで型崩れも防ごう!

洗濯したGジャン(デニムジャケット)を脱水した後にも、注意が必要になってきます。

それは、洗濯においては、色落ちや色移りだけではなく、色あせも気がかりになってくるからにほかなりません。

デニムジャケットの色あせを防ぐためには、天日干ししないで、代わりに陰干ししてみることがおすすめです。

まずは、デニムジャケットのボタンを外してみましょう。

そして、裏返したままの状態で、ハンガーにかけて、形を整えながら陰干ししてみるのです。

これで色あせ対策はばっちり。

また、こうすることによって、色あせだけではなく、型崩れを防ぐことも可能となってくるのです。

 

Gジャンのおすすめ洗濯頻度は?

さて、Gジャン(デニムジャケット)を洗濯する場合には、洗濯頻度も見逃せませんよね?

これはそもそも、デニムジャケットに限らず、気になることではないでしょうか。

デニムジャケットの洗濯頻度といっても、どれくらい着ているかなどによって変わってくるため、一概にどうとは言えませんが、実際のところ、とくにこれくらいと決まっているわけではありません。

そろそろ汚れてきたのではないかと思ったときに洗えば、それでいいといえるでしょう。

ただし、あまり長期間洗わないのもダメですが、しょっちゅう洗いすぎるのも傷んだりする原因になりかねませんから、禁物ですよ。

 

Gジャン洗濯方法!色落ちや縮むへの対策と頻度はどれくらいが理想?まとめ

だれもが気になることといっていい、Gジャン(デニムジャケット)の洗濯方法について見てまいりました。

色落ちや縮むことも、こうして見てみれば、そこまで怖くはありませんね。

洗濯頻度も、あまり決まっていなかったのは意外でしたが、これはこれでやりやすくていいのではないでしょうか。

デニムジャケットの洗濯は、あまり神経を張り詰めさせないでいいようで、助かりましたね。

>>Gジャンコーデ!春レディース2019はここがポイント!

スポンサーリンク