家売るオンナの逆襲のキャストや相関図!松田翔太の役は?

「家売るオンナの逆襲」として「家売るオンナ」が帰ってきた!続編のキャストや相関図もチェック!ライバル役として出演してする松田翔太の役は?北川景子のヒットドラマが「家売るオンナの逆襲」として帰ってきた!キャストや相関図が凄い事に?松田翔太の役は?ロマンスも?

家売るオンナの逆襲のキャスト発表!松田翔太がライバルで役柄は?

北川景子さん主演の大ヒットドラマ『家売るオンナ』の続編であるドラマ『家売るオンナの逆襲』が放送予定となっています。

また、北川景子さん演じる三軒家万智に会えるとは、楽しみですよね。

そんなドラマ『家売るオンナの逆襲』といえば、キャストも気になるわけですが、松田翔太さんが登場?ということで話題になっているとか。

はたして、松田翔太さんは、どのような役どころとなっているのでしょう。

松田翔太さんが演じるのは、留守堂謙治という人物でした。

職業はフリーランスの不動産屋とのこと。

三軒家万智のライバルとして活躍していくことになります。

北川景子さんと松田翔太さん以外のキャストは、男性は、屋代大役で仲村トオルさん、足立聡役で千葉雄大さん、庭野聖司役で工藤阿須加さん、布施誠役で梶原善さん、本多力役で宅間剛太さん、鍵村洋一役で草川拓弥さん、八戸大輔役で鈴木裕樹さんとなっています。

一方、女性は、宅間美加役でイモトアヤコさん、珠城ココロ役で臼田あさ美さんとなっています。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』に期待していきましょう。

 

>>家売るオンナの逆襲のロケ地撮影場所が判明?エキストラ募集情報も!

 

家売るオンナの逆襲のキャスト相関図は発表されてる?

ドラマ『家売るオンナの逆襲』のキャスト相関図は、どうなっているのでしょうか。

調べてみましたが、まだ明らかになっていませんでした。

早く公表されればいいですね。

さて、ここでは、ドラマ『家売るオンナ』のキャスト相関図を見ていきましょう。

三軒家万智は、テーコー不動産の超やり手の不動産屋(のちに独立)。

とにかく、家を売る天才で、どんな物件であっても販売する才能があります。

また、独特のキメ台詞を持つなど、とにかくめずらしいキャラクターの人物でもあります。

屋代大は、テーコー不動産の課長でした。

が、三軒家万智といっしょに退社し、結婚。

その後はサンチー不動産をいっしょに経営しています。

足立聡と庭野聖司は、テーコー不動産の営業担当。

足立聡は三軒家万智を警戒し、庭野聖司は三軒家万智に恋するなど、とにかく彼女に振り回されていくことになります。

 

>>家売るオンナの逆襲のネタバレ!最終回は原作でバレてて映画化も?

 

家売るオンナの逆襲のあらすじもチェック!どんな話?

ドラマ『家売るオンナの逆襲』のあらすじも、分かっている範囲内で見ていきましょう。

テーコー不動産の三軒家万智は、仕事上のトラブルで退社することに。

屋代大は、そんな三軒家万智の責任を被ろうとしますが、結局、2人とも辞めることにします。

そして、三軒家万智と屋代大は結婚し、田舎へと引っ越して、サンチー不動産を設立することに。

三軒家万智は屋代大と幸せに暮らしつつ、家を売っていましたが、そんななか、留守堂謙治というフリーランスの不動産屋が現れ、彼女のライバルとなっていきます。

そんな留守堂謙治は、三軒家万智といっしょで、不動産販売の天才なのでした。

そして、なんと、あの三軒家万智を負かせてしまうことになるのです。

はたして、三軒家万智はどうなっていくというのでしょうか…?

 

家売るオンナの逆襲の原作は何?

とても興味深いドラマ『家売るオンナの逆襲』なのですが、原作はどうなっているのでしょうか?

小説なのか、コミックなのか、とても気になって来ますよね。

探ってみたところ、ドラマ『家売るオンナの逆襲』に原作はありませんでした。

つまり、オリジナル脚本の作品だったというわけですね。

ちなみに、ドラマ『家売るオンナの逆襲』は大石静さんが脚本を担当していました。

大石静さんは、これまでに、NHK連続テレビ小説『ふたりっこ』、『セカンド・ラブ』、『大恋愛』などを担当してきました。

これなら、ドラマ『家売るオンナの逆襲』も安心して観ることが出来そうですね。

 

スポンサーリンク