ヒートテックの危険性!こどもや心臓に負担があり蕁麻疹も?

ヒートテックの危険性について情報をまとめました!こどもや心臓に負担があり蕁麻疹もでるって本当なの?正しい使い方や、注意点をチェックして、正しくヒートテックと付き合う方法を確認しておきましょう。ヒートテックの危険性は本当?こどもや心臓に負担があり蕁麻疹も?

 

ヒートテックは危険?心臓に負担が大きいの?

今回取り上げていくのはヒートテックなのですが、これには、具体的にどういう問題があるのでしょうか。

ネット上では心臓に危険ということも出てくるようですね。

これはとても怖いですが、正直なところ、どうなっているのでしょう。

実は、ヒートテックが心臓に危険ということはないのだそうです。

それではどうしてネット上でヒートテックが心臓に危険だと出てくるかというと、意外な背景がありました。

それは、あの有名な検査であるMRIだったのです。

MRIでは、心臓にペースメーカーを入れている人や、ヒートテックを着ている人に注意喚起がされていたのです。

そのせいで、ヒートテックが心臓に危険であるかのように検索されてしまったということなのでした。

ヒートテックを着ている人はいくらでもいますので、心臓に危険だったりしなくて、本当によかったですね。

 

ヒートテックは肌荒れ起こす危険性も?原因もチェック!

ということで、ヒートテックが心臓に危険ということはありませんでした。

しかし、その代わりに、別の問題があったのです。

それは、肌荒れやかゆみを起こすという、皮膚のトラブルだったのでした。

いくら心臓に危険ではなくても、皮膚のトラブルもそうとう困りますよね。

ヒートテックが肌荒れやかゆみを起こす原因は、3つありました。

1つめは、乾燥肌になりやすいということ。

ヒートテックの繊維が、肌の水分を奪ってしまうことによります。

2つめは、肌の保護機能が低くなってしまうということ。

ヒートテックは肌を乾燥させやすいわけですから、これは当たり前ですよね。

そして、3つめは、布かぶれが起こるということ。

これは、アクリル、ポリエステル、レーヨンといった素材が原因です。

肌があまり強くない方は、ヒートテックにはじゅうぶん気を付けておきましょう。

 

ヒートテックは乾燥肌やアトピー持ちの人には特に危険?

このように、ヒートテックに肌荒れ要因があった以上は、もしも着るのであれば、乾燥肌の人は、人一倍注意しておいた方がよさそうですね。

しかし、ヒートテックに注意が必要な人としては、乾燥肌の人だけではなく、アトピーの人も挙げられるのでした。

乾燥肌やアトピーの人の場合、ただでさえ肌がかゆくなりやすい傾向にあります。

そのうえ、がまんしていたせいで肌がさらに荒れてしまうということもあります。

もちろん、もともとあったアトピーがさらに悪化してしまう、ということもありうるでしょう。

これでは、よかれと思って着てみたことで、皮膚のトラブルを悪化させるだけになってしまいますから、さすがに、たまったものではありません。

やはり、こういったことを見る以上、乾燥肌やアトピーの人は、ヒートテックを最初から着ないようにしておいた方がいいでしょうね。

スポンサーリンク

 

ヒートテックの危険性に対する対策はどうすべき?

実は、ヒートテックに対しては注意が必要だった、乾燥肌やアトピーの人たち。

それでは、こういった人たちは、それでもヒートテックを着るなら、どういった対策をすればいいというのでしょうか?

ここでは、3つの対策をご紹介していきたいと思います。

1つめは、すべて綿の生地からなるインナーを着てみるというもの。

肌と密着したところが水分を奪われますから、綿だけでできたインナーを下に着ることによって、かゆみをセーブすることが出来るからなのですね。

2つめは、ウールによって作られたインナーを着てみるというもの。

とくに、メリノウールを使ったインナーであれば、肌にやさしいといわれています。

3つめは、シルクによって作られたインナーを着てみるというもの。

吸水性や保湿性が高いことが、その理由として挙げられています。

こういった対策をまめにしておくだけで、ずいぶん違ってくることでしょう。

ぜひ、これらを参考にしていただければと思います。

 

ヒートテックが蕁麻疹を起こす理由は?

ヒートテックを着た場合の問題点としては、蕁麻疹を起こしてしまうということも挙げられます。

この理由についても抑えておきましょう。

まずは、アクリルやポリウレタンといった化学繊維が悪影響を及ぼしておりました。

もともと化学繊維に対してアレルギーのある人ならば、これらに対しては当然、蕁麻疹などの皮膚のトラブルが起こりやすいといえるでしょう。

また、ヒートテックには吸湿発熱繊維が使用されていますが、これも関係していました。

吸湿発熱繊維によって、水分を吸収され、その結果、発熱するということになります。

このせいで、乾燥肌の人には、ヒートテックによる蕁麻疹の危険性も高まるといえそうです。

蕁麻疹をどうしても避けたいという方の場合は、やはりヒートテックは最初からやめておいたほうが賢明であるといえるでしょう。

 

ヒートテックは子供には特に危険?

ヒートテックを着るという場合には、大人ももちろんそうなのですが、子供も要注意であるといえるでしょう。

当然のことではありますが、もともと、子供は大人よりも皮膚が弱いものです。

さて、ヒートテックを着ると、先ほども述べましたように、吸湿発熱繊維によって、水分を吸収され、その結果、発熱することになるわけです。

この結果、肌は乾燥していってしまいますので、大人はもとより、子供であればなおさら肌に危ないというわけなのでした。

もちろん、ヒートテックを着ることによる子供の肌への問題というのは、肌荒れだけというわけではありません。

肌荒れにくわえ、一般的なかゆみ、さらには、めんどうきわまりない湿疹など、実に多岐に渡っているというわけなのです。

もしも、もうすでに子供にヒートテックを着せているという方は、この機会に、いま一度、注意されたほうがいいかもしれませんね。

 

ヒートテックが子供に危険なのは発熱すると高温になるから?

以上、ヒートテックを子供が着る場合、肌荒れ、かゆみ、湿疹など、かなりのリスクを伴うことになる可能性があったのでした。

しかし、ヒートテックが子供に危険だといわれる背景としては、発熱するなんてこともいわれておりました。

もしも高熱になったりしたら、子供の場合、大人よりも大変ですから、これは心配せざるを得ないでしょう。

本当に、ヒートテックを着たら、子供は発熱するのでしょうか?

そもそも、子供というものはただでさえ、風邪をひきやすいものです。

そんなときに、ヒートテックを着ていたら、発熱するせいで、子供が汗をかくことになります。

すると、子供がかいた汗でヒートテックがもっと発熱してしまって、子供がよけい高熱になってしまう、というわけなのでした。

やはり、子供にヒートテックを着せることは絶対にNGなのでしょうか?

次では、あえて子供にヒートテックを着せる場合の、安全な着せ方について見ていきましょう。

 

ヒートテックを子供に安全に使うには?

子供にヒートテックを着せる場合、どういうふうに着せれば安全になるのでしょうか?

まずは保湿をちゃんとすることが挙げられますね。

このことによって、乾燥肌を防ぎ、ヒートテックを着せても危険性は減るというわけですね。

また、子供が高熱を出しているときは、ヒートテックによって、さらに高熱になりかねませんので、もちろん着せてはいけません。

このように、工夫しだいによって、ある程度はリスクを低減することも可能なのです。

どうしても子供にヒートテックを着せたい場合は、実践されてみてはいかがでしょうか。

 

ヒートテックの危険性!こどもや心臓に負担があり蕁麻疹も?まとめ

今回は、『ヒートテックの危険性!こどもや心臓に負担があり蕁麻疹も?』という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また追加情報があったら更新させていただきますね!

スポンサーリンク