清水ミチコ 大河「真田丸」にて無言。仏調面で2分半に大絶賛の声!

清水ミチコ 大河
スポンサーリンク

ものまねタレント清水ミチコさんが大河「真田丸」に出演し、

その圧倒的な存在感で話題になっていますね!!

2分半言で仏調面?!

一体何があったんでしょうか???

 



清水ミチコ プロフィール

清水ミチコ 真田丸

スポンサーリンク

引用:http://ur0.work/tFzP

清水 ミチコ(しみず ミチコ)
生年月日:1960年1月27日
職業:日本のタレント、お笑いタレント、女優。
芸:モノマネを得意とする。
本名:坂田 美智子
出身:岐阜県高山市。
所属:ジャムハウス
愛称:ミッちゃん、シミチコ
座右の銘:「隣人は芸のこやし」

引用:http://ur0.work/tFy4

 

清水ミチコの怪演

 

5月1日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」で事件は起きました。

エピソードは第17話「再会」。

崖から飛び降りた松(木村佳乃さん)の再登場や、

出雲阿国(シルビア・グラブさん)の初登場など、内容的にも盛りだくさんの回だったのですが、

すべて、清水ミチコさん演じる旭に持っていかれたとのことです・・・。

 

これが噂の仏調面です。

清水ミチコ 大河

引用:http://ur0.work/tFzt

 

うん。これはすごいですねwww

タレントの清水ミチコ(56)が、1日に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)第17回に豊臣秀吉の妹・旭姫として出演。
約2分半の登場ながら、強烈なインパクトを残した。
清水が演じた旭姫は、秀吉によって無理やり夫と離縁させられ、44歳の時に徳川家康に正室として迎えられた人物。

セリフはないに等しかったが、怒りを秘めた仏頂面、その表情で視聴者の心をつかんだ。

引用:http://ur0.work/tFzE

 

どうしてこうゆう演出になったの??

それは、「真田丸」の監督・脚本を務める三谷幸喜監督の策略でした。

三谷幸喜監督からのオファーについて、清水ミチコさんのブログに記載がありました!

どうやら、こんな流れだったようです!!

 

『真田丸』

大河ドラマ「真田丸」
に出ました。

去年の広島ツアー中、
三谷さんから
「出てくれない?」
とメールがあり、
「セリフがない役
だったらいいよ」(何様)
と言ったら、
「わかりました。」
とのこと。

ホントに
わかったらしい。

私は嘘みたいな世界の芝居
つかセリフが苦手で
今もナレーションですら
「ワンちゃん・ニャンちゃん」
みたいな(思えない)言葉に
何度も噛んでしまうのでしたが。

さすがでした。

すげーな、三谷さん。

実はめっちゃ
腹立ててるという
仏頂面の姫の役。

想定以上に
不細工にできあがり、
我ながらびっくりしましたが。

廊下ですれ違う人スタッフ
みんな笑いを押さえてて、
本気で苦しそう。
(何がおかしいの)
と思いつつも、
その表情に
(ああ、ここのスタッフは
このドラマに
愛があるのだなあ~)
などと思いました。

引用:http://4325.net/blog/

 

さすが三谷監督。見事なキャスティングと使い方!

そしてそれを演じきれる清水ミチコさんもすごすぎるww

普段からモノマネタレントとしての顔芸と、観察眼で人々の心に残る旭を演じきってくれました。

スポンサーリンク

 

プロデューサーはこう語る

 

屋敷陽太郎チーフ・プロデューサー(CP)は「無表情というのはそれはそれで難しい。

それにその後のお母さんと再会するところ、『おっかあ!』って泣きつくじゃないですか。

あれはすごい芝居場ですよ。

感情を出して泣かなきゃいけない。

『ただ座っていればいいと聞いていたのに、こんな芝居場があるなんて』って話は(清水から)あったみたいですけど」

と振り返った。

引用:http://ur0.work/tFzI

 

プロデューサーも大絶賛の演技だったようです。

 

視聴者の反応

気になる視聴者の反応はどのようなものだったのでしょうか??

min***** | 2016/05/04 09:39
旭姫は、あの出番だけで終わりなのか。
ちょっと残念。

 

jet***** | 2016/05/04 09:37
清水ミチコさんの見事な「怪演」でしたね(笑)
(-_-#)(^^;)

 

ss*¥lp | 2016/05/04 09:46
確かに名演技だった。

 

ana***** | 2016/05/04 09:44
もう一度どこかで出てもらいたいんだけど。

 

ロベルト本郷 | 2016/05/04 09:49
清水ミチコってもうちょっときれいだったはず
メイクで不細工にしたのか

 

Bonjour, ça va ? | 2016/05/04 09:58
久しぶりに面白いものを
観させてもらった。
このひとの才能。

 

tha***** | 2016/05/04 11:12
清水ミチコさんって本当に多才な方ですね。

 

ban | 2016/05/04 11:39
凄いインパクトだった。このドラマはキャスティングがどれもピタリとハマっている。

引用:http://ur0.work/tFze

大絶賛の嵐ですねwww

 

 

三谷幸喜の得意技

清水ミチコ 真田丸 三谷幸喜

引用:http://ur0.work/tFC7

 

これは三谷幸喜監督の得意技、「あて書き」によって生まれた演出ではないかと分析されていました。

三谷氏は役者の個性をイメージしてセリフを作る“あて書き”をすることで知られるが、「(あて書きは)普通はセリフなんですけど、(今回のケースは)あの人にああいう表情をさ
せてみたいっていうあて書きなんじゃないですかね」と屋敷CPは分析。

さらに「旭姫というと子ども心に『おんな太閤記』の泉ピン子さんが刷り込まれているんですけど、1シーンの印象ではそれに匹敵する、強烈なインパクトがあったんじゃないかと。

ピン子さんに勝るとも劣らないですね」と、鮮烈な登場シーンだったのではないかと自信を抱いている。

残念ながら出演は今回の第17回限りだが、わずかな時間で強烈な爪あとを残した清水。

主要な役だけでなく、周辺のキャラクターにも役割を持たせる三谷氏らしさを示す好例だった

引用:http://ur0.work/tFzT

 

なるほど~だから三谷幸喜監督の映画では俳優陣が本当に光っていて、いい味をだしているんですね。

 

本当に清水ミチコさん演じる旭を再度登場させてもらいたいですよね!!

今後の三谷監督の演出に、注目です!!

スポンサーリンク